CHIKYUKI

― 地球器 ―

地球のカタチの器

地球の恵みを盛りつけて戴く

器・映像・写真

3点でひとつの作品

自分の美意識や造形感覚や技能を磨き、

自分と外界との境界を明確にし、

自分の輪郭を際立たせる行為そのもの、

またはそれによってできたものが「表現」や「作品」である。

これまではそう捉えていました。

しかし今は、

自分の中から絞り出したり自然に溢れ出した美意識は

自分のモノではないような気がしています。

加えて、狭い意味での「自分主体で考え出したもの」にどれほどの意味があるのか懐疑的に捉えています。

地球器.jpg
CHIKYUKIページ内.jpg

『 無私・滅私 』

個人としての私はナニモノでもないが、

地球人としての私は、世界の中のあらゆるものと同じように、

結構素晴らしい存在である。

自分の輪郭を際立たせて独自性を表すよりも、

私と外側の境界が曖昧で、「私」が不確かな

『 無私・滅私 』の状態がここちよい。

そんな状態でモノをうみだすことに心を踊らせています。

 

その記録がこれらの〈映像〉と〈画像〉と〈もの〉

この3点が揃ってひとつの作品です。

作品集

CHIKYUKI

―地球器―

​SNS

陶芸作家 森口 直洋の活動紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ

作品・商品・取材に関するお問い合わせ